免疫力を高める合宿

 認知症を防ぐ体操・運動など

認知症も トレーニング次第

 今、NHKがアルツハイマーをはじめ、ご老人の痴呆・認知症問題を集中的に報道しています。明日は我が身という年齢に達している筆者も出来る限り見るように努めたり、ビデオに収録するように努めていますが、役に立つ内容が多いと思います。
 白紙に円を大きめに描いてもらい、それを時計盤に見立てて、1から12まで数字を入れてもらったら、10時10分になるよう、長針と短針を書き入れてもらう。これが出来ない人は認知症の疑いがあるとか。簡単な判別方法になりますね。普通に近い生活をしている高齢者の中に、少なからぬ人が、この時計描きテストに引っかかる人がいるそうです。
 また、百歳に近い人や過ぎた人で認知症と見なされるような人でも、脳の活性化トレーニング次第で、かなり正常近くに戻ってくるのには希望が持てますし、うれしくなります。
 介護者やトレーナーはかなりの辛抱強さが要求されますしご苦労なことですが、簡単な足し算、引き算、朗読(音読)などが、人のやる気を出させる前頭前野を活性化するのに大変役立つことなどを東北大学の川島隆太先生の指導でわかりやすく視覚化して見せてくれるのはさすがNHKですね。
 ちなみに算数は高度な問題に挑戦するより、例えば10+2=12程度のやさしい問題をいくつもやる方が前頭前野は活性化するそうです。
 まだ、介護トレーナーのお世話にならなくてもトレーニングが一人で出来るうちから励んで、お互い、ボケを出来るだけ先延ばししたいものです。

認知症に ならない体操

 熱海のお元氣食育養生所では、朝食後に、NHKの『ご近所の底力』で以前放映された、認知症にならない体操「フリフリグッパー(下段イラスト)」をみんなで「青い山脈」を歌いながらやります。
 両手を左右に広げて手をグー状に握り、次に、腕を戻しながら掌を合わせて一拍する運動と、足をハの字にして腰を左右にふる運動を同時に重ねてリズミカルに3分間やる程度で、脳全体の司令塔、前頭前野の血の巡りがパーッと良くなる様子をビデオで見た後で、みんなで行います。
 「青い山脈」は戦後しばらくして封建制度から解き放たれた解放感あふれる時代に人気を呼んだ石坂洋次郎の同名の小説が映画化されたときの主題歌ですから、お元氣養生所にお見えになる方のほとんどが、歌詞の出だし程度とメロディーはご存じです。が、正確に歌える方はほとんどいません。そこで音読を兼ねて、垂れ幕に書かれた歌詞を声を出して唱和しながら「フリフリグッパー」の実習です。
 これを覚えただけでも、ご自宅に帰ってからでも、一人ででも出来る認知症予防の術が身につくというわけです。
 ちなみに毎食の始まりに唱和する「もしもし噛めよ」の歌詞もあらためてご紹介しておきましょう。「もしもし噛めよ、良く噛めよ 世界のうちで私ほど こんなに良く噛む者はない おかげで元氣で爽やかだ」です。こちらは1回歌えばたいてい覚えられます。そして、箸置きに箸を置いて、口の中で食べ物がトロトロ感が出てきてから飲み込みましょう、という自覚を持って食事を始めるのです。良く噛む習慣は、噛むことで奥歯の下にある血管が脳から血液を吸い出すポンプになっているので、その分酸素にも富む新鮮な血液が脳に送り込まれるよ
うになるので、自動的にボケ対策になります。
 「フリフリグッパー」のついでに、高血圧が正常化する「スローピング体操」、肥満解消の「ゆる体操」、つまずき予防の「レッグ体操」、高い血糖値も下がる「笑み筋体操」なども記憶に残していただくようにしています。

スマーティを 各部屋に設置。
ホルミシスとの コラボレーション

 お元氣養生所は一周年を期して、今年二月からすべてのお部屋に一台ずつ、体を芯から温められる遠赤ドーム・スマーティを設置し、ご自由に、一晩中でもお使いいただけるようになりました。
 あの秋田県玉川温泉並の微弱放射線ホルミシスの恩恵にあずかる環境が、お風呂だけではなく、お一人お一人のベッドごとに設備することで養生所に実現し、大好評をいただいています。
 これはガンにも関連する遺伝子修復遺伝子を活性化する極めて有効な方法として、遠赤外線温熱療法とともに注目を浴びています。温熱療法といっても、体温を1回40分程度舌下温度で38度を維持する程度でオーケーのマイルド加温ですから、とても気持ち良い方法です。これに各部屋に設置したスマーティドームがとても寄与してくれるのです。
 ホルミシスの恩恵にあずかりつつマイルド加温が出来るので、これが体内のすべての細胞の中で出来れば、万病が治ると愛知医科大学の伊藤要子先生が説かれている「ヒートショックプロテイン」の体内での生成も一層うまくいくことが期待出来ます。
 最近、奈良医科大学の大西教授のご講演を拝聴する機会を得ましたが、その中で大西先生は、驚異的なホルミシス効果は50ミリシーベルトから500ミリシーベルト程度の線量率のレベルで上がることが期待出来るとお話になっていました。
 これは、今までの「常識」からするとかなりの量ということになります。こういう数字が現代医学の権威者の一角から出て公表されたということは時代の流れは急速に変わりつつあるなという感慨を持たざるを得ないとともに、今のホルミシスを巡る法規制は、いかにもアナクロニズム化しているなと思わざるを得ません。
 全国各地で流行し始めた岩盤浴もたいていは微弱放射線ホルミシスのパワーを期待しているものです。宣伝文句にホルミシスという言葉がなくとも、玉川温泉とか、北投石とか、ラジウム鉱石とかいう言葉が出ているものは、まさにそれです。
 この効果が、基礎的な衛生問題の軽視から揚げ足を取られるような格好で潰されることがないことを祈りたいものです。
 ヒートショックプロテインは、ヒート(熱)だけでなくホルミシスでも増えるというのが、大西教授のご講演の内容の一つでした。
 とすると、熱海のお元氣養生所は、たくまずして両者の良いとこ取りをしている養生所ということになります。そして、これは各家庭でも、その気になれば、簡単に取り入れて出来るということです。

どちら様もご利用 しやすい低料金に

 しかもライフライン友の会の会員とNPO根食改の会員は、一泊二食で一律8800円と、大変ご利用していただき易い料金になりました。
 ライフライン友の会の会員といっても、過去に一度でもご自分のお名前でライフラインを購入したことがある人は、年会費いらずですから、ずーっと購入をお休みしていても、今でも自動的に会員ですし、NPO根食改は、年会費1000円お支払いになれば、即座に賛助会員になれますから、とてもお得な割引制です。難点は施設が小規模なので、一度には少人数しか受け付けられないので、早めに予約をいただかないとならない点くらいでしょうか。
 あれこれ考え合わせると、この料金設定は世間的評価からいっても、ご利用者にとって、大変お得なリーズナブルな料金になったと思います。
 同時に一日二食にしたことは、とてもご好評をいただいています。皆様に、これで充分だし、とても美味しいとおっしゃっていただいています。日替わり食養料理メニューの夕食が五時半からなので、食後寝るまでの間にかなり時間があり、胃を空っぽにして寝られますから、体を横たえても逆流トラブルの心配がなく、口呼吸を防ぐのにも大いにプラスです。
 九時半の朝食は、野菜と野草併せて十種類程度どっさりと入れた美味しいあつあつの発芽玄米雑炊がメインです。これも大好評。
 食後のデザートは、従来の焼きバナナ、焼きリンゴに加え、今年から焼きミカンもローテーション入りしました。柑橘類を皮ごと黒くなるくらい焼くと、活性酸素除去能力、抗酸化力の強い皮の中の成分、クリプトキサンチンが内側の実に染みて入り込み、とても美味しく、かつ、体に良いデザートに変身します。果物はたいていのものが焼くと良いようです。ですから動物性食品は食べなくても、美味しい、滋養になると充実感、満足感が得られる食事内容になっています。

体験学習の場として

 今年から来年にかけては団塊の世代の定年ラッシュだそうで、これから先、かなり長期にわたっての健康を確保するためのしっかりした方針を立てていただくのに、お元氣養生所が教えている内容を参考に、良いと思われたところを取り入れていただければ、個人的にも数億円の価値はある筈と自負しております。病気をしない人が増えますから、国や地方自治体のレベルで取り入れたら、医療費軽減の決定版になる方法でもあるとの思いもあります。
 単に病気治し、ボケや病気にならなければいいやというだけでなく、アクティブシニアとしてそれなりに活躍しつつ人生のこれからを全うされたいという意欲と元氣にあふれる方々のお役にも大いに役立つと思われますので、是非、その食生活の根本的改善を始め、様々な智恵をつめ込んで帰っていただきたいものです。また、無農薬で出来る楽しい農業というか、家庭農作業の方法も様々提案していますので、参考にしていただければ、プランターでかなりの野菜がとれるはずです。
 養生所で、試してみて良さそうだということになれば、食事でも運動でも、精神生活でも、マイルド加温やホルミシスでも、その方法はすべて各家庭で出来るものばかりです。そういうことを学ぶ場が「お元氣食育養生所」なのです。

長期滞在も楽しめる

 最後に一つ。一通りさっと学ぶだけでも二泊三日という時間は必要ですよと言っていますが、一週間程度の中期から、それ以上の長期ステイされる方には、ゆっくりと往年の映画が見直せる名画鑑賞も出来る環境を整えつつあります。
 昔見たかったけど見逃した名画、繰り返し見たい名画はすでにたいていのものが見られます。過去の落語名人のDVDもNHKの関連会社から通販で取り寄せて用意いたしました。大いに笑ってください。
 趣味は?と問われたとき、今までは読書ですと言ってきた方も、だんだんお年を召してくると「趣味は落語や名画鑑賞にきりかえました」という方が増えるそうです。忙しすぎたあなたのために、日常の垢を落として、ゆったりと出来る健康環境を提供出来ることは、私どものもっとも喜びとするところです。どうぞ、お一人でも、お友達もお誘いあってでも、一度お出かけください。退屈でしょうがないということはありません。
 最近のアンケートでは、ライフラインも玄米菜食も知らない方がすでにお出でになった方からすすめられて来ましたという方が一番多いという結果が出ました。これには、正直言って私どもも驚きましたが、来られた方が知り合いの方にお声をかけていただけるほど満足して帰る方が多いのだと、一同大いに意を強くしているところでもあります。
 この月刊誌を読むというご縁があった方は、是非一度予定表とにらめっこをして、春の気まぐれでフラッとお出かけになってみては如何?